ギルティフリー「腸活美肌スイーツ」シンガポールでテスト販売開始

「腸内フローラに欠かすことができない栄養」に着目し、開発したルミナコイド健康食品『Lulumilk(ルルミルク)』を発売する株式会社Smart Lab(本社:東京都千代田区、代表取締役:酒井康光、以下:当社)は、2021年10月19日(火)より、シンガポールのビューティサロン「DEVONSHIRE(デボンシア)」(113 Devonshire Rd. Singapore 239878)ラウンジにて、『Lulumilk(ルルミルク)』を使用した、ギルティフリー「腸活美肌スイーツ」のテストマーケティングを開始しました。


腸内フローラが喜ぶ様々なルミナコイドを使った「腸活美肌スイーツ」





テスト販売場所は、シンガポールのセントラル地区にあるサマセット駅から徒歩3分の場所に位置するビューティサロン「DEVONSHIRE(デボンシア)」ラウンジ。デボンシアは、ヘアスタジオ、ラウンジなどがあり、日系人から欧米人、ローカルまで幅広い客層に支持されています。(113 Devonshire Rd. Singapore 239878)



腸内フローラが喜ぶ様々なルミナコイドを使った、腸活美肌ワッフル「ザッフル」


玄米甘糀とルミナコイドによる、砂糖ゼロ、グルテンフリー


一般的なワッフルは、小麦粉やベーキングパウダー、砂糖、バターを含む高GI*食品で、食後血糖値の急上昇を生み、脂肪の蓄積や糖化*、腸内バランスの悪化が気になる食べ物です。

そこで今回は、これらを全て排除し、ルルミルクとルミナコイドが豊富な食材をタップリ使用することで、罪悪感無し(ギルティフリー)で、食べて頂けるワッフルになっています。さらに、ワッフル1枚あたり8g以上のルミナコイドを摂ることができます。

原材料は、ルルミルク(複数種類のルミナコイド*配合)にオーツ麦、とうもろこし粉、タピオカ粉、アーモンドプロティンパウダー、コラーゲンペプチド、ゴマ、アーモンド、カシューナッツ、玄米甘糀、卵、塩、水、オリーブオイルなど。出来上がりにルルミルクを振りかけ、ベリー類も合わせて摂ることで、抗酸化、抗糖化効果も期待できます。



*GIとは、食後血糖値の上昇を示す指標、グライセミック・インデックス(Glycemic Index)の略。食品毎の血糖値の上昇度合いを間接的に表現する数値で、取2時間までの血液中の糖濃度を計ったもの。高GI食品は、血糖値の上昇度合いが高く、低GI食品は、度合いが低い食品を言います。低GI食品が過体重、肥満、2型糖尿病の発症リスクを低減させる可能性があるとする研究報告があります。

*糖化とは、タンパク質や脂質が糖と結びつくこと。血液中に余分な糖分があると、体内のタンパク質や脂質と結びついて変性させ、老化促進物質であるAGEs(終末糖化産物)を作り出すと考えられています。

*ルミナコイドとは、日本食物繊維学会が提唱する食物繊維を含む新しい概念です。腸内フローラに欠かすことができない栄養で、腸内環境を改善し、私たちの美容や健康に有益な作用を生み出すことが分かっています。腸内フローラは、ルミナコイドを大腸内で発酵して、短鎖脂肪酸や水素などを産生します。ルミナコイドは、難消化性食物成分で、狭義の食物繊維以外に、オリゴ糖や難消化性たんぱく質(レジスタントプロティン)、難消化性でんぷん(レジスタントスターチ)など様々な種類があります。


日本人が不足している食物繊維などのルミナコイドをスイーツでもカバー


「日本人の平均食物繊維摂取量は、1950年頃には一人一日20gを超えていましたが、穀類・いも類・豆類の摂取量の減少に伴い、減少傾向にあり、最近の報告によれば、平均摂取量は一日あたり14g前後と推定されています。

厚生労働省策定の『日本人の食事摂取基準(2020年版)』では、一日あたりの『目標量』が、18~64歳で男性21g以上、女性18g以上となっています」


世界保健機関(WHO)の推奨値は、25g/日世界各国の国別指針による食物繊維摂取の推奨値25~38g/日、スタンフォード大学スクール・オブ・メディスン微生物学・免疫学ソネンバーグ博士は、著書「『腸科学(英語タイトル:The Good gut)』/早川書房」で、腸内細菌まで届く炭水化物(MACs:Microbiota accessible carbohydrates)として推奨値:25~38g/日としています。


この「腸活美肌スイーツ」と、お湯に溶かしたルルミルクをアフタヌーンティーとして摂ることで、腸内フローラに必要な栄養を理想的に補うことができます。しかも、昼食と夕食の間の15時から16時は、時間栄養学では、血糖変動を抑制しやすいと言われています。また、夕食の食後高血糖を抑えるセカンドミール効果*も期待できます。

シンガポールでのテスト販売の後、日本での販売も検討しています。


*時間栄養学とは、「体内時計(生物が生まれつきそなえていると考えられる時間測定機構)を考慮に入れた栄養学」のことで、「栄養素や食品成分によって体内時計が変化する」などといった内容について研究をしている学問です。

*セカンドミール効果とは、ジェンキンス博士が発表した概念で、最初の食事(ファーストミール)が、次の食事(セカンドミール)の食後血糖値に影響を及ぼすというもの。ファーストミールの食事内容が、食後血糖値の急上昇を招かなければ、セカンドミール後の血糖値上昇を抑えるとされています。